石川県☆電気屋大家の不動産ブログ

石川県にて不動産投資中。電気屋がDIY実践中

影の主役、電気関係の仕事4選

こんにちわ、こんばんわひなこ@ブロガーです。

 

電気の分野の仕事といえばいろいろな種類の仕事があります。

 

少し紹介していきますので、是非我々の仕事に興味を持って頂ければ幸いです。

 

この記事で少しでも若者が電気の道に歩んでくれればと思います。

 

  1. 電気工事店
  2. 電気保安協会
  3. 電力会社
  4. 弱電工事店

 

1.電気工事店

 

f:id:hinaco-com-1127:20190106170600p:image

電気工事店とは主に公共工事、または建設会社の下請けとして構内の電気設備工事を行います。また、町の電気屋さんなどもこの分野ですかね。

作業の内容には「電気工事士」「電気工事施工管理技士」などの国家資格が必要となり、電気工事士は実際の施工を、電気工事施工管理技士は図面の作成、打ち合わせ等の施工管理を行います。こういう工事を行っている電気工事店を「内線屋」ともいいます。

「外線屋」という分野もあり電力会社の下請けをし、電力工事を行っている電気工事店もあります。

「内線屋」が建物内の電気工事を完成させ、「外線屋」が建物の外の電気を完成させるイメージでしょうか。

 

2.電気保安協会

 

電気保安協会とは、電気工事店が建物を建築し、その建物が安全に使用できるような保安業務を行っています。

電気主任技術者」という資格を使用し、建物の竣工検査、年次点検を行います。

電気主任技術者電気工事士電気工事施工管理技士などより難易度が高いと一般的には言われています。

高圧受電設備の建物だと、この電気保安協会と契約し年次点検を行ってもらうことになります。

 

3.電力会社

 

f:id:hinaco-com-1127:20190106170626p:image

電力会社とは、東京電力北陸電力のような電力を販売している会社のことです。

電気を使用した顧客はこの電力会社に電気料金支払います。

皆さんには一番身近な電気関係の会社かと思います。

また2016年の「電力小売り全面自由化」により新たな会社が参入してきています。

注意が必要なのは、新たな会社は、既存の電力会社の送電網を使用している点です。

送電網の保守、発電所、変電所の保守点検等を行っています。

 

4.弱電工事店

 

弱電工事店とは、電気工事会社が建設会社等から請け負った電気設備工事の弱電部分をさらに請け負う会社をいいます。

弱電工事とは、テレビ共聴設備、自動火災報知設備等があります。

また、消防法により定められた自動火災報知設備の保守点検業務等もおこなっています。

 

 

電気分野ではたくさんの仕事があり、たくさんの資格が存在します。

そのほとんどがその資格を持っていないと作業すら出来ない必須資格です。

 

つまり、今後5年10年たっても絶対になくならいない分野の仕事です。

 

これから電気の仕事に携わりたい方はまず第二種電気工事士を目指してみてはどうでしょうか?

 

hinaco-com-1127-denki.hatenablog.com

 

新たに解説できる仕事があれば追記していきます。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ
にほんブログ村

ランキング参加中!クリックお願いします。